2014年3月19日水曜日

音節と発音 その1 開音節

 この項は、エクスプレスアイヌ語(中川祐・中本むつ子著 白水社)を少し詳しく解説したものです。以下、このブログで解説していることは,特に断りがない場合はすべてこのテキストによるものです。途中テキストのページがでてきますが,特に断りがない場合は「エクスプレスアイヌ語」のことです。
 
1 音節
 前項でも述べましたが、言葉=単語はすべて「音節」によって構成されています。
 音節には 開音節と閉音節とがあります。
*開音節とは子音と母音、または母音のみで出来ている音節 のことです。たとえば
 き=k+i     は=h+a  また あ=a      う=u などが開音 節です。

*閉音節とは、子音+母音+子音から出来ている音節です
 日本語では「ン」以外にはありません。
 別な説明の仕方をすれば、開音節+子音とも言えます。

  upas(雪)  itak(話す) などの語尾の音節は子音で終わっ
 ています。このpastakが閉音節です。
takne(長い)    arpa(行く)などの下線部分の音節は子音だ けです。このように単語の途中にでてきても同じです。
cepkoiki(漁をする) kampi(紙)語頭の3文字を一つ
 の音節として扱う 子音+母音+子音。これも閉音節。
aynu(人間)      aykap(出来ない)などの ayは一見a+y ともとれますが、一つの音節でアイと読みます。これも閉 音節です。
 もちろんaiと 書く場合もあります。その違いはアクセン トの項で説明します。

 このように特に閉音節が少し複雑です。でも4つの場合を見ると、どの場合も音節の最後が子音で終わっていることに気づかれるでしょう。

2 発音
(1)開音節
 開音節の発音は基本的に日本語と同じです。違うところ、注意した方が良いところは次の通りです。

*ア行〜イは iと書いてもyと書いてもイと発音します
    ウ段は少し口を尖らせて発音します。お段とどちら    か聞き取りにくい場合もあります。
*カ行〜子音は日本語と同じですが、ガ行戸の区別はありま    せん。
*サ行〜子音は日本語のサ行と同じですが、人によっては     シャ、シュ、ショと聞こえることもあります。
*タ行〜日本語とほぼ同じですがダ行との区別はありませ     ん。また、ツという発音はありません。ツではなく    英語のtwo  todayのとほぼ同じで、カタカナではトウ      とウを小さく書きます。 
    また、チはtiではなくciと書きます。発音は同じで    す
*ナ行・ハ行・マ行・ラ行〜日本語と同じ
*パ行〜日本語と同じですが パ行とバ行の違いはありませ    ん
*ヤ行〜ヤ・ユ・ヨは同じですが ye=イェは日本語にはありません。イとエをくっつけて一つの音節として発音しましょう。
*ワ行〜ワは日本語と同じですがwe=ウェ wo=ウは日    本語にはありません。一つの音節として発音しまし    ょう。

 


 

0 件のコメント:

コメントを投稿